現在地

Home » 梅田リデザイン・ワークショップ[第3回]〜「梅田」のまちづくりについて留学生と考えよう ! 〜

主催
日時:
2018年3月7日
18:30 ~ 20:30
会場:
ハービスOSAKA 5F 貸会議室
定員:
20名
参加費:
一般/1,000円(税込)学生/無料 ※但し懇親会参加費は別途実費(3,000円程度)が必要です

イベント概要

2017年3月7日(水)に、第4回目となる『梅田リデザイン・ワークショップ〜オープンディスカッション〜』を開催いたします。

梅田ワークショップではこれまで、インクルーシブデザイン※のアプローチにより、毎回さまざまなテーマを設定し、留学生とともに梅田をまちあるきし、本ワークショップのテーマ「だれもが”心地よく過ごせる”梅田」について考えてきました。
今回はその総まとめとして、事前に留学生のみにより、梅田の4地区においてフィールドワークを実施し、その結果の発表とそれに対するディスカッションを通じて、参加者も一緒に考えましょうという取り組みを開催することになりました。

基調講演では、第1回より本ワークショップをリードしていただき、今回もディスカッションのファシリテーターを務めていただく久保雅義先生に「大阪梅田の美意識とまちづくり(仮称)」と題し、本ワークショップのこれまでの取り組みや、海外のまちづくりの事例などについてお話しいただきます。

※インクルーシブデザイン: 障がいや年齢に限らず、これまで除外されがちであった「特別なニーズをもつ人・社会」を対象に、企画・開発の初期段階から巻き込んで(Include)一緒に考えていく手法

定員に達し次第締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
皆さまのたくさんのご参加、お待ちしております!